キノコのマセレ

さて、今日はビネガーを使わないマセレのお披露目。
保存食=マセレは、何かの調味料ビネガーやオイルそして塩などで漬け込む料理のことなんだけど、今回は塩漬けマセレで行こうかなっと!

フランスでは結構代表的な塩漬けにキノコがあるので、日本のキノコ君達でやってみよう。
椎茸は厚さ3mm程に切る。シメジは芯を取り除き、一本一本バラバラにほぐしてスタンバッておきますね。
えのき茸も芯を取り除き、バラバラにスタンバらしておいて。
あと1種類くらい欲しいが日本のキノコがたまたま居なかったので、champignon de paris (=マッシュルーム)フランス語にしても英語にしても字数の多いキノコにした。
これも3mm程に切ってスタンバイです。
4種類のキノコの重量を計ってね!これ大事。

そして塩。今うちには瀬戸内の粗塩、岩塩とハーブソルト、クレージーソルトがあるけど、キノコのマセレには海の塩がトレビアン。

では早速作っていこう。
キノコの重さの2倍の水と水の重さの1.5%の塩を沸騰させる。
先ずは3mmに切ったキノコを入れてもう一度沸騰させ、沸騰したら火を止めてシメジとえのき茸を加え、そーと混ぜる。混ぜ終わったら密封容器に静かに移して、キッチンペーパーを落とし蓋のように被せる。
全体が冷めたら、密封容器の蓋を閉めて冷蔵庫又は冷暗所に保管。

結構簡単でしよ!
注意点は、密封容器は沸騰したお湯の中で泳がせて熱湯消毒するのね。
あと…落とし蓋して冷ますので、完全に冷めていることを確認してね。

分からないことがあったらコメントに質問入れてください、非公開にしているので気楽に連絡くださいね。

ムシュー推薦の賞味方法は…
1.サラダに混ぜてノンオイルサラダ!
2.パスタの具材としては結構イケる
3.縦に割ったバケットに詰めてゴーダーチーズとオニオンスライスを加えてオーブンでチン。

ムシューカンパニーでは食材を募集しております!

流通に乗りきれていないことや、まだまだ世間に知られていない食材などをムシューカンパニーが独自のレシピを開発いたします。ブランディングからパッケージデザインそして広告宣伝方法など推進。
農家さん、畜産、漁師さんなどの皆様に協力を得て出荷できる食材を提供していただき、ムシューカンパニープロデュースによりイノベーション 。市場調査を実施そしてブランディングやパッケージデザイン、広告宣伝方法、販売方法などをご提案させていただきます。
お気楽にお問合せください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください