• 日々徒然,  

    おうちレストラン5

    Macérer de style chinois / 中国風マセレ

    辣油風味の中華風マセレ

    前回のマセレは日本風にアレンジしたので、今回は中華風マセレにアレンジしてみたよ。

    左の写真は「辣油風味」の中華風マセレ。
    右の写真は「唐辛子を入れた濃厚ごま油風味」の中華風マセレ。。

    両方とも同じ調理法で、手軽に出来るよ!

    唐辛子を入れた濃厚ごま油風味

    中国風のマセレの作り方は、胡麻油と塩で漬け込むのがポイント。

    まず、今の季節ならではの食材「春キャベツ」を、好み合わせて切ろう。「胡瓜」は輪切りにね!
    そしてボールに入れた春キャベツと胡瓜に軽く粗塩をふり加える。沢山入れすぎると「しょっぱーい」と叫ぶことになるから要注意だよ。

    キャベツと胡瓜と粗塩を混ぜながら軽く揉み揉みして、30分ほど放置。
    その間に長ネギをジュリエンヌ(=千切り)する。

    ここでちょっと横道に外れて豆知識

    日本で言う「千切り」を、フランス料理では「ジュリエンヌ」って呼ぶんだけど、ジュリエンヌを日本語で説明するときは「ジュリアンのように」と訳すのね。

    「ジュリアンって誰?!」て思うでしょ。
    ジュリアンというのはフランスの女の子の名前。
    細くてサラサラ、とっても繊細で綺麗な「ジュリアンの髪の毛」のように切るって意味なんだよ。いや〜トレビアンな表現だよね。

    さて、30分放置したキャベツと胡瓜はフニャフニャな感じで、すでに美味しそうに見えるはず。
    両手で絞って水分を取り除き、長ネギのジュリエンヌと胡麻油と唐辛子又は辣油を投入して、ふんわり混ぜ込み仕上げるのがコツだよ。

    ※多少辛めのマセレだけど、さらに山葵醤油で食べるのもオツな食し方。
    ※中国風から少々脱線するけど、カイエーヌペッパーを追加で混ぜるのもオツです。

    ムシューカンパニーでは食材を募集しております!

    流通に乗りきれていないことや、まだまだ世間に知られていない食材などをムシューカンパニーが独自のレシピを開発いたします。ブランディングからパッケージデザインそして広告宣伝方法など推進。
    農家さん、畜産、漁師さんなどの皆様に協力を得て出荷できる食材を提供していただき、ムシューカンパニープロデュースによりイノベーション 。市場調査を実施そしてブランディングやパッケージデザイン、広告宣伝方法、販売方法などをご提案させていただきます。
    お気楽にお問合せください。