busines,  FOOD

ムシューのカトルカール 1

カトルカール( Quatre-quarts )フランス語で1/4が4つと云う意味です。世界中で質量の単位をメートル法で行っているのに対しイギリスが定めた質量単位パウンド(ポンド)法がありました。日本では英語の方が早く伝わったことからカトルカールはパウンドケーキとして有名になりました。

ではでは〜フランスのカトルカールとイギリスのパウンドケーキ何がどう違うのか?
皆さんご存知でしょうか?!
それは僕が想うに性格の違いだけです。笑えますよね!

1/4が4つ、そして質量の話をすればもう想像つくと思いますが、イギリスのレシピは①バター②砂糖③卵④小麦粉をそれぞれ1パウンド(1パウンド=450g)①から順に混ぜ型に入れてオーブンで焼いて仕上げます。

このお菓子は18世紀に開発されているので450g×4=1.8Kgですよ!
どれだけ大量で苦労して混ぜていたんだろう!?今みたいに電動の器具があったわけではないので大変だったろうな〜。
しかも柔らかいバターに白くなるほど砂糖を混ぜるのが、美味しくする秘訣です。

そしてフランスのレシピは、卵の量に合わせます。
Mサイズの卵を使えば50gなので卵Mサイズ2個それぞれ100gの材料となります。
Lサイズは60gなので、それぞれ120gの材料となります。

なんか性格だな〜と思いませんか。
イギリスの1パウンド450gは確か聖書の重さからきています。へ〜ですね(笑)

 

あと失敗しない様にベーキングパウダーを使用したレシピが多く常識的になっている様ですが、添加物でもあるので僕は一切使用しません。

失敗しない秘訣は、お砂糖とバターの混ぜ具合です。白くなるまでお砂糖の粒子が溶けて見えなくなるまで混ぜましょう!次に卵をふわふわと空気が入る様に混ぜましょう!
最後に小麦粉(僕は米粉で無添加のグルテンフリー)を混ぜましょう!

※次回は4種類の材料のお話をしますので、お楽しみに。
質問はいつもの様にコメントください。

MONSIEUR COMPANY

                             ムシューカンパニーでは食材を募集しております!

流通に乗りきれていないことや、まだまだ世間に知られていない食材などをムシューカンパニーが独自のレシピを開発いたします。ブランディングからパッケージデザインそして広告宣伝方法など推進。
農家さん、畜産、漁師さんなどの皆様に協力を得て出荷できる食材を提供していただき、ムシューカンパニープロデュースによりイノベーション 。市場調査を実施そしてブランディングやパッケージデザイン、広告宣伝方法、販売方法などをご提案させていただきます。
お気楽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください