• daily event,  season

    厄よ!どっか行っちまえ!

    ムシュー生誕60周年、年男厄祓い。

    本日は、『厄払い』という儀式に参加するため、大鳥神社⛩へ‼️

    昔ながらの風情がある権之助坂商店街をてくてくてく下っていく。🚶‍♂️

    ランチ時間はとうに過ぎているにもかかわらず、所々の旨い店は行列ができている。

    大鳥神社は権之助坂を通り越し、目黒川を越えた少しにある。

    ム:「こんにちは😃厄祓いに来ました!」

    巫女さん:「は~い、生年月日に住所をここに書いてください。」

    ム:「はい」(これでよし!)

    巫女さん:「では2階の待合室に上がっていただき、こちらの内容を読んでお待ちください」

    ム:「はい」(なんだこの紙は?!)

    いきなり渡されても...覚えられるかな〜!

    えーと先ずは、呪文を唱えるのでそーと頭を下げ床を見る姿勢で。(ふむふむ)

    次に月桂樹みたいなのを渡されるから、神様に根元を向けて置いてね、と。

    (ちょっとまった!月桂樹みたいなのは受け取り手順も書いてあるじゃん)

    右手で根元を掴み、葉先を向けるように180度回しながら受け取る!

    そして神様にお供えする時は、反対回りの180度回し根元を神様の方にしてお供える。

    続いて、二拝二拍手一拝で戻って来る。(やばっ、読んでる側から忘れそうだ!)

    意外に早い呼び出し。覚えたことが吹っ飛びそう。。。

    本堂に移動する。

    (えーとなんだっけ!えーと先ずは床見て…次は根元もち回転、それから…)

    神主:「では、こちらにコートやバックを置いてください」

    (根元を神様の方にして…)

    神主:「あっ、貴重品は自分で持って行ってくださいねー」

    (うるさいな二礼二拝で…一礼?あれ?)

    あれ?これでいいんだっけ?

    神主:「それでは始めます、名前を呼ばれたら、神様へお供えをお願いいたします」

    (ヤバイ!始まった!根元もち180度回転の…?あれ?二礼二拝一礼だっけ?)

    神主:「それから、厄除けのお札を半分に割り、鈴がついている方のお札をお守りとしてお納めください。もう片方のお札は手前の箱の中に入れてください」

    (なんだよ!言ってるそばからマニュアル追加かよ!…いやまて、よく考えたらそんな事も書いてあったような気もする…)

    神主:「はい、それでは別所の信彦さん」(ヤバイ!呼ばれた!)

    ム:「はい!」(名前の間に”の”入れるなよ!!ののって!しゃ〜ない!行くか!)

    ああ〜もう!何が何だかぐちゃぐちゃ!汗だくだく!

    楽しい厄祓い儀式も、終わってみれば完璧😁

    厄よ!どっか行っちまえ!ばいばい!

    おしまい。

  • daily event,  FOOD,  season

    ミニ新年会〜その2〜

    ム:「それにしても寒いね~」

    デ:「でもここいいね〜、この昭和な立ち飲み雰囲気!」

    あれ!またまた電話📞☎️ 誰だろう!?

    あらら、知らない間に通り過ぎちゃったのね。

    ではでは、改めていざ出陣!テクテク🏃‍♂️💨

    2階席は階段ではなく、入り口横のEVで上がるというのもなんだか面白い。

    古き良き中華のお店な佇まいです

    ム:「ヤッホー到着 !」

    デ:「おくればせました!」

    飛:「何?ムシューたち秋田屋で待ってたの?あそこ超有名ですよ」

    ム:「二人に見つかりやすいよう、外で飲んでたんだけど気づかなかった??」

    チ:「私たち横通ったのに全然気づかなかったよねー」

    飛:「こんな目立つ人、見逃すはずがないんだけどなー」

     

    なんてことを話しながら、飛行機野郎ことマーちゃんから、新年会はじまりのご挨拶。

    飛:「えーそれでは、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくです」

    「おめでとうございます〜!」「乾杯!」

    豚肉ときゅうり、牛肉とたまねぎの炒め物、豆苗炒めを四人でぺろりと平らげ…

    いや〜それにしても何を食べても旨いね!

    いよいよ本日のメインディッシュ「小籠包」の登場だ。

    飛:「ムシュー、ぼくはねえ、37年前のあの日、此処で小籠包という食べ物と出会い、火傷しそうな、いやほんとに口の中バッチリ火傷したんだけど、熱々の肉汁溢れ出る小籠包の美味しさに目覚めたんだよ。そして、今だに此処より美味しい小籠包には、出会って…ない!」

    飛行機野郎さんが熱く語り始める中、小籠包が現れた。これは、本当に美味そうだ!!

    熱々を頬張る。

    「うまい!」「うめー!」

    あっという間に一皿空になる。

    すごい勢いで食べまくってます

    (なんか幼少期よく親父に連れていってもらった中華街の味を思い出すな〜)

    ム:「小籠包めちゃ旨!肉汁で下膨れてるのがいいですよね!はふはふ」

    飛:「そう、この肉汁で最初に火傷したんだよ。でもこの肉汁ほとばしる熱さが小籠包の醍醐味だよね!」

    チ「この下にひいてる白菜が甘くておいしいのよ!」

    デ:「ほんとだ!」

    飛:「みんなまだ食べれるよね?追加しよっか!」

    「やったー!」「おいしーい!」「マジ旨い!」

    小籠包は1皿8個入り。全部で4皿頼んだので、ひとりあたり小籠包を8個食べた計算に!う〜ん大満足!

    楽しい時間はあっという間に過ぎる。

    新亜飯店を出て、最後に秋田屋の前で東京タワーと一緒に記念撮影。

    チ:「このまま帰るのも惜しいから、お茶して帰ろっか!」

    全員:「いいねー!」

    こうして、なごり惜しさに後ろ髪ひかれつつ、楽しいミニ新年会は幕を閉じたのであった。

    おしまい。

     

  • daily event,  FOOD,  season

    ミニ新年会 〜その1〜

    お正月飾りがまだ残る、1月最初のころの昼下がり。

    何か甘い物が、食べたくなったなぁ~。お正月らしく🎍善哉餅(ぜんざいもち)でも作るか!!

    美味しそうな仕上がり! 器もこだわりたいところ〜!

    熱々をほお張っていると、一本の電話が!

    「明けましてあめでとう!」

    「明けましておめでとうございます!」

    あっ!下町飛行機野郎さんだ😵

    飛:「今晩空いてる?去年から云っていたタイ料理行かない?」

    ム:「今晩?いいですよ!OK!」

    突然のお誘いに(ヨシ!呑むぞ!)とウキウキ叫んでいたら、今度はメールが。

    飛:「ムシュー、やっぱり趣向を変えて浜松町、大門の『新亜飯店』にしました。私の37年間にも及ぶ小籠包体験は此処から始まります。では18:00集合でお願いします。」

    (タイ料理、お休みだったのか残念。でも『小籠包』好きとしてはかなり楽しみ!)

    というわけで、『小籠包』食べにいざ大門へ!

    せっかくなので絶賛引きこもり中のデザイナーさんも呼んであげよう。

    浜松町駅到着〜

    ム:「あらまあー大門って、浜松町から東京タワーに向かって真っ直ぐなのね!」

    デ:「ものの見事に分かり易いですなぁ~」

    とかなんとか話しながら歩いていると、またまた飛行機野郎さんから電話!?

    飛:「ムシュー、こっち二人ちょっと遅れるね!」

    ム:「あ!そうなの?了解」

    寒いから喫茶店で待っていようかと思案していると….

    おっ!なんだこの独特な空気感の店は!

    立飲み?外で!?焼き鳥!?もつ焼き!?

    …..

    下町飛行機野郎さん「遅れる」って言ってたし〜。

    この店の前を必ず通るはずだし〜。

    多分目立つからわかるはずだし〜。

    えーと。。。

    立ち飲み待ち、一杯いっときますか!

    寒いけどいいね、この雰囲気!

    はじまる前から横道に逸れるマイペースなムシューたち。

    タイトルのミニ新年会はどうなったのか!?

    果たして飛行機野郎さんは、ムシューを無事回収できるのか!

     

    つづく